借金返済の基礎知識

借金の消滅時効3つのメリット。弁護士・司法書士・行政書士費用もわかりやすく解説。【時効援用】

こんにちは。
借金完済主婦、たかちです。

前回の記事で借金の消滅時効と時効援用について解説しましたが、中には自己破産と同じようなやり方だと思っている人もいるかもしれません。

ですが借金の消滅時効・時効援用は条件さえ揃っていれば、債務整理よりもメリットが多く、おすすめできる借金整理法です。

今回は、借金の消滅時効・時効援用の3つのメリットと、弁護士・司法書士・行政書士に依頼する費用について、まとめてわかりやすく解説していきたいと思います。

借金の消滅時効・時効援用の3つのメリットをわかりやすく解説してみる。

借金の時効がくることを「消滅時効」、消滅時効にかかっている状態で返済しない意思表明をすることを「時効援用」と言います。

消滅時効にかかっているだけでは借金はなくならず、時効援用という手続きをとって返済しない意思表示をすることではじめて、借金をなくすことができます。

もちろん、時効援用で借金をなくすことができたら、その後は返済する必要はいっさいありません。

 

借金を全てなくすという共通点があるため、自己破産と同じような債務整理法だと思う人も多いようですが、消滅時効と時効援用は自己破産とは全く違う方法です。

借金の時効が成立さえしているなら、時効援用をする方が、自己破産にはない大きなメリットを得ることができるんです。

ここからは時効援用をすることで得られる3つのメリットをご紹介していきたいと思います。

【メリット1】信用情報がきれいになる

信用情報とは、「信用情報機関」という借金をした人の記録を残す会社(組織)に登録されている情報のこと。

借金をした履歴はもちろん、延滞や債務整理をした記録も全て残されます。

お金を貸す業者は全てこの信用情報機関と契約をしていますから、お金を貸す際にここの情報をチェックして、相手に返済能力があるかどうかを判断しています。

 

ですから延滞や任意整理・自己破産などの債務整理をした場合、信用情報機関ではその事実も記録されますから、「返済能力がない」と判断され、

  • お金を借りる
  • ローンを組む
  • クレジットカードを使う
  • クレジットカードを発行する

などができなくなってしまいます。

登録された情報は5~10年経過すると消されますが、それまでは借金ができなくなります。

 

一方、消滅時効と時効援用を利用するとその情報は登録されず、「借金を完済した」という形で登録されます。

そのため自己破産と違って借金をなくした後でも、借金をしたりローンを組む、クレジットカードを使う、などの行為がしやすいのです。

 

また、自己破産という解決方法は社会的にイメージが悪いため、できるだけ避けたいところですよね。

その点消滅時効を使って解決すればそのイメージがつかずに済みますし、信用情報もきれいな状態にできるのです。

※時効援用後にローンを組みたいなら信用情報をチェックしてくれるこちらがおすすめ↓↓
→行政書士パートナーズの時効援用無料相談はこちら

【メリット2】費用が安い

時効援用は自己破産などのほかの債務整理法に比べ、断然費用が安い点も大きなメリット。

時効援用は債権者との細かい交渉や裁判所への手続き・出頭などの必要がない手続きのため、費用が安く設定されているんです。

借金返済に追われて手持ちのお金が少なくなっているならなおさら、時効援用を利用するのがおすすめです。

【メリット3】手続き完了が早い

最後のメリットは、手続きが完了して借金がなくなるまでが非常にスピーディだということ。

弁護士や司法書士・行政書士に依頼した場合、一般的には

依頼してから約2週間

で時効援用が完了し、借金をなくすことができるんです。

自己破産だと、借金が免除になるまでに数ヶ月から長い場合で1年かかることもありますから、それに比べると時効援用がいかにスピーディに済むかがわかりますよね。

またほとんどの場合、時効援用で依頼主がやることは、契約書に記入して返送するだけ。

手間もかからないため、自己破産ではなく消滅時効を選ぶ人の方が圧倒的に多いのです。

時効援用を弁護士・司法書士・行政書士に依頼した場合の費用

では続いて、時効援用を弁護士・司法書士・行政書士に依頼した場合の費用について見ていきましょう。

弁護士・司法書士・行政書士に依頼した場合の費用は、

  • 弁護士 → 1社50000円前後
  • 司法書士 → 1社30000円前後
  • 行政書士 → 1社25000円前後

となっています。

時効援用の場合、債権者(お金を貸した業者)1社ごとに費用がかかるようになっています。

弁護士の費用が高くなっているのは、借金整理においてできる事が多く、時効援用以外の借金解決法についてもカバーできるからだと考えられます。

ですが基本的に時効援用は書類を債権者に送るという手続きになるので、行政手続きの専門家である行政書士に任せても全く問題ありません。

【まとめ】時効援用は専門家に相談しよう

時効援用は時効さえ成立していれば、メリットだらけの非常におすすめな借金整理法です。

イメージが悪い自己破産を避けたいという人の多くが、時効援用を利用して上手に借金をなくしています。

 

ただし、消滅時効の条件を満たしていても、書類の内容や提出方法を間違えてしまうと正しく時効援用ができなくなってしまうため、法律を熟知している専門家に任せるのがベストです。

今回調査してみた中では行政書士が一番安かったので、無料相談をしてみて消滅時効にかかっていると判断されたなら行政書士に依頼するのが一番お得です。

相手の業者に行動を起こされたら時効が成立しなくなる可能性も出てきます。

まだ何事も起こっていない今のうちに、行政書士の無料相談で借金をなくせる可能性をチェックしてもらいましょう。

※時効消滅の無料相談のおすすめは↓こちら↓

→5年前の借金は0円に出来る可能性あり!時効消滅の「行政書士パートナーズ」はこちら