債務整理の基礎知識

借金を滞納するとどうなる?わかりやすく解説してみた。【債務整理】

こんにちは。
借金完済主婦、たかちです。

毎月の借金の返済が苦しいと、「少しぐらい返済が遅れてもいいよね」と思ってしまいがち。

でも、借金の返済日は貸してくれた人との約束。

本来は守らないといけない約束ですから、返済せずに滞納してしまうと相手も黙っていません。

という訳で今回は、借金を滞納するとどうなるのか、という点についてわかりやすく解説してみたいと思います。

借金を滞納するとどうなるかわかりやすく解説。最悪は給料差し押さえ!

冒頭でも書いたように、本来ならば借金は滞納すべきではありません。

お金を貸してもらった時に、相手と「いつまでに返済します」と約束している訳ですから、相手もそのつもりで返済を待っている訳ですからね。

その期日を過ぎても返済しなければ貸した側も困りますから、できるだけ早く返してもらうために行動を始めます。

という訳でここから、借金を滞納するとどうなるのか、相手はどんな行動に出るのかを段階的にわかりやすく解説していきたいと思います。

催促される(督促)

約束した期日に返済しないとどうなるか。

まずは「返してよー」と催促が来ます(これを督促と言います)。

借りた相手にもよりますが、督促の方法はさまざま。

  • 手紙が届く
  • 電話がかかってくる

の2つのパターンが一般的です。

滞納するのが初めてだったり、前回の滞納からものすごく久しぶりだったり、滞納が始まってから日にちがたっていないような場合は、穏やかに知らせてくれます。

なので、せめてこの時点ですみやかに返済したいところ。

滞納が何ヶ月も続いたり、督促を何度も無視するようだと悪質とみなされ、電話や手紙が送られてくる頻度が高くなります。

相手によっては職場に電話をかけてくる事もあります。

遅延損害金がつく

ほとんどの場合、滞納が始まると同時に遅延損害金がつき始めます。

遅延損害金とは返済が遅れた罰金のこと。

約束の期日までにお金を返せなかったときに払う延滞金と考えればOKです。

滞納をすると遅延損害金が発生するため、返済額が増えてしまいます。

借金の返済が苦しいからと滞納をしてしまうと、さらに返済額が増え、未来の自分がより苦しくなってしまうという悪循環に。

なのでやりくりしてもしばらく延滞が続いてしまうよなら、よりひどい状態にならないためにも、この時点で借金を減らせないか考えてみるべきです。

※遅延損害金についてはこちらの記事をどうぞ
→遅延損害金とは?分かりやすく解説してみた。

ブラックリストに名前がのる

金融業界の話になるとよく聞くのがこの「ブラックリスト」。

実際はブラックリストというリストが存在する訳ではありません。

お金を借りた人が滞納した情報を記録する「信用情報機関」という組織があり、この信用情報機関に滞納した事実が登録されている状態を「ブラックリストに載っている」という言い方をするんです。

お金を貸す側の銀行や消費者金融などはこの信用情報機関と契約していて、情報をチェックできるようになっています。

 

ブラックリストにのるとどうなるかと言うと、「こいつは滞納してるから借金をちゃんと返せないかも」と返済能力を疑われてしまうんです。

そうなるとお金を借りられなくなり、さらには

  • 新しいクレジットカードが発行できない
  • 新規でローンが組めない

など、いろんなデメリットが起こります。

借金の取立てが来る

督促の電話や手紙などを無視し続けていると、借金の取立てに来られる場合も。

取立てと言っても、一般的な業者であれば単純に返済方法の相談という感じで自宅に来る程度です。

ただし、闇金など借りた相手が悪かった場合、取立ての方法も嫌がらせレベルの悪質なものになります。

裁判所から督促状が届く

何度も催促されているにもかかわらず、督促を無視し滞納を続けていると、業者は法的手段で借金を回収しようと裁判所に訴えます。

その訴えを裁判所が受け入れると、「ちゃんと払いなさいよ」という内容の手紙(督促状)が裁判所から届きます。

こうなっても返済しなかった場合、相手は法的に借金を回収することができるので、裁判所の力で差し押さえができるようになります。

差し押さえが行なわれる

差し押さえとは、借金をした人のモノを取り上げて借金を回収すること。

本来、人のモノを他人がとると窃盗などの罪になりますが、裁判所からの督促状を無視した場合、「コイツのモノはとってもOK」という許可が裁判所から出ます。

そうなるとお金を貸した業者は借りた人のモノやお金をとって借金を回収できるようになります。

銀行口座にある預金や会社からもらうお給料はもちろん、宝石などの高価な品も差し押さえの対象として持っていかれる場合があります。

※差し押さえの詳細についてはこちらをどうぞ
→借金の差し押さえについてわかりやすく解説。

滞納が続く前に債務整理を検討すべき

いかがでしたか?

借金の滞納を続けると、お金だけでなく社会的地位も失うことになりかねません。

借金の返済を忘れてしまうことは誰にでもあります。

忘れても催促されたらすぐに返済すれば大丈夫(何度も忘れるのはダメですが)。

 

ですが、催促されてもすぐに返済ができないような生活なら、すでに危険信号です。

借金を整理し、減らせる方法がないか考えた方がいいかもしれません。

滞納している間にも借金はどんどんふくらんでいます。

身動きがとれなくなる前に、いまの段階で食い止められるよう、まずは借金を減らせるかどうかのチェックをするところから始めてみましょう。

※おすすめ関連記事

≫【女性専用】借金整理のおすすめ相談窓口4選!