債務整理の悩み・疑問

借金返済・減額の相談はどこにすべき?窓口とその流れをわかりやすく解説。【債務整理】

こんにちは。
借金完済主婦、たかちです。

借金返済が苦しくなってきたら、早い段階で借金の減額や返済期間を延長するなどの債務整理(借金の整理)を検討すべき。

ですが「どこに相談すればいい?」「相談窓口がわからない」という人もいますよね。

そこで今回は、借金返済に関してどこに相談すべきか、減額などの相談ができる窓口について、わかりやすく解説していきたいと思います!

※借金返済についての無料相談のおすすめは↓こちら↓

→何度でも相談無料。東京ロータス法律事務所はこちら

借金返済・減額の相談はどこにするべき?

借金の返済や減額の相談は本来、貸してくれた相手とするものですが、債務整理(借金の整理)の手続きを踏む場合は直接相手と相談することはまずありません。

債務整理(借金の整理)の中に「任意整理」というやり方があり、任意整理の場合はどこも通さずに直接相手に相談することも可能です。

ですが、相手はお金を貸すプロで、できる限り借金をそのまま返済してもらいたいと考えています。

なので素人が直接相談に行っても相手にしてもらえないし、減額の相談などもまずできないと考えていいでしょう。

 

なので、まず相談をすべきなのは、相手との間に入ってくれる

  • 弁護士
  • 司法書士

ということになります。

弁護士や司法書士は債務整理の専門家であり、債務整理をする資格を国から与えられています。

なので、債務整理を少しでも考えたら、弁護士や司法書士にまず相談するのがベストです。

弁護士・司法書士のどちらに相談すべき?

弁護士と司法書士ではできることの範囲が違います。

  • 弁護士 → 任意整理・個人再生・自己破産ができる
  • 司法書士 → 任意整理のみできる

という大きな違いがあります。

最初から任意整理にするつもりなら司法書士という選択肢もありますが、それぞれの状況によってどの方法で債務整理をすべきかは変わってきます。

なので自分に合った方法がわからないなら、全てをカバーできる弁護士に最初に相談するのがおすすめです。

債務整理の相談は無料相談を活用しまくろう

弁護士や司法書士に相談、なんて聞くとものすごくハードルが高いことのように感じますが、そこまで構えなくても大丈夫。

弁護士事務所や司法書士事務所には債務整理の無料相談を行なっているところも多いので、この窓口を活用しない手はありません。

無料だったら気軽に相談に行けますよね。

また、何を相談していいか分からない人、借金についてあまり把握できていない場合でも相談して大丈夫。

相手はプロですから、相談していく中で何をすればいいか、把握するために何をすべきかを的確に見抜いて教えてくれます。

債務整理をすると決めていない段階でも、今の自分に債務整理が必要か、債務整理をするとどうなるかを教えてもらえるので、借金の返済が苦しいと感じているならまずは相談してみましょう。

※弁護士の無料相談のおすすめは↓こちら↓

→何度でも相談無料。東京ロータス法律事務所はこちら

債務整理の無料相談前に用意しておくと良い事

「何もわからなくてもいいから、まずは相談することが大事」とお伝えしましたが、事前に少し準備しておくだけで相談やその後の見通しがスムーズになります。

また無料相談の時間が限られている場合もあるので、準備しておく方が最大限の相談ができるようになるのでおすすめ。

なので、できる人は無料相談前に以下のものを準備しておきましょう。

  • 質問したいことや不安に思っていることをメモしておく
  • いつどこでいくら借りたかをメモしておく
  • 借金の契約書があれば持って行く
  • 筆記用具を持って行く(相談内容をメモするため)
  • ICレコーダーやスマホの録音機能を準備しておく(相談内容を録音するため)
  • 身分証明書と印鑑を持って行く(正式に依頼する場合に必要)

これら全てができればベストですが、このうちのいくつかだけでも準備できるだけも違いますし、何も把握できていなくて準備する気力もない、というならとりあえず身ひとつでいっても大丈夫。

まずは相談するという行動を起こすことが一番重要ですから。

弁護士への依頼の仕方、断り方

無料相談をして「この人に依頼したい!」と思えたなら正式に依頼をしましょう。

その場合、「依頼したいです」とただ伝えるだけでOKです。

弁護士が受けてくれる場合(状況によっては受けられない場合もある)は、委任契約書や委任状などの書類が用意されます。

また、費用についての説明も行なわれます。

説明内容に納得できたら、用意された書類に署名、捺印。

着手金などの最初に必要な費用を支払ったら、正式に依頼が完了し、弁護士が動いてくれるようになります。

断る場合

無料相談の結果、断りたい場合や再度一人で検討したい場合には、「少し考えます」と伝えてそのまま帰ればOK。

そこからしつこく返事を催促されるといった事はないので、じっくり検討したり、別の事務所の無料相談を利用するといいでしょう。

※弁護士の無料相談のおすすめは↓こちら↓

→何度でも相談無料。東京ロータス法律事務所はこちら

※おすすめ関連記事

≫【女性専用】借金整理のおすすめ相談窓口4選!