消滅時効・時効援用の悩み・疑問

プロミスは時効援用で踏み倒しできる。時効援用後の信用情報についても解説。【消滅時効】

こんにちは。
借金完済主婦、たかちです。

プロミスから借りたお金を返済せずに放置して督促状が届いて借金を思い出した、という人は意外と多いようです。

その中には「長期間放置しても平気だったから、このまま踏み倒せないかな?」と思う人も案外多く、プロミスの借金を踏み倒しできるか質問されることもあります。

結論から先にお伝えすると、借金にも時効があり、時効になっていれば「時効援用」という手続きをすることで返済義務をなくせます。

時効援用とは「時効になっているから返済しませんよ」と相手に宣言する手続きのことで、時効援用をすることによって合法的に踏み倒しが可能となります。

プロミスの借金にも時効援用はできますから、踏み倒しを考えているのなら時効援用の手続きをすすめていきましょう。

そこで今回はプロミスの借金の時効援用のやり方、そして時効援用後に信用情報などがどうなるかについて、わかりやすくお伝えしていきたいと思います。

※5年間返済していないなら時効かも?まずは無料相談で借金を無くせるかチェック!

→時効援用に強い「行政書士パートナーズ」の無料相談はこちら

※この記事は2020年4月1日より施行される改正後の民法にもとづいて作成しています。

プロミスの借金は時効援用で踏み倒しできる

すでにお伝えしましたが、プロミスからの借金は踏み倒しできます。

しかも、合法的に返済義務をなくすることができるため、踏み倒し後は督促や取立てもストップし、借金をなかったことにできるのです。

そんなメリットだらけの踏み倒し法とは、「時効援用」です。

先ほどもお伝えしましたが、時効援用はプロミスに対して「時効なのでもう返済しませんよ」と宣言するための手続き。

実は、借金の時効が成立していたとしても、自然と返済義務がなくなる訳ではありません。

時効援用をすることではじめて返済義務をなくすことができるので、踏み倒しをするなら時効援用の手続きまでちゃんとすべきなのです。

時効援用の手続きをどうすすめていくかについては、引き続き解説していきます。

プロミスの借金を時効援用で踏み倒しする方法

では引き続き、プロミスの借金を踏み倒しするための、時効援用手続きの進め方をお伝えしていきますね。

時効援用手続きは時効をむかえていなければ効果がないため、まずは時効になっているかどうかをチェックする必要があります。

プロミスの借金の時効期間は5年間です。

直近でプロミスから届いた書面を手元に用意して、その書面の中に

最終返済日
支払期日
期限の利益喪失日
最終入金日

といった日付が記載されていないか確認してください。

これらは時効期間をカウントする基準になる日付です。

これらの日付から5年たっていれば、時効期間の5年間は経過していることになるので、時効が成立している可能性が高いです。

「書類は捨てた」「今手元にない」といった場合は、記憶を頼りに思い出してみましょう。

時効期間のカウント開始日(起算日)は、

最終返済日の翌日
または
返済予定日の翌日

となります。

この日から5年以上経過しているなら、時効期間は経過しています。

また、

プロミスATMで発行できる明細書
プロミスと提携している銀行・コンビニで発行できる明細書
プロミスのサイト
プロミス公式アプリ

などで最終返済期日を確認することもできますから、是非活用してください。

※プロミスに電話して確認するのはNGです。

理由はこの後解説していきます。

時効の中断(更新)が起こっていないか確認する

時効期間の5年が経過していたとしても、その間に時効の中断(更新)が起こっていたら時効成立にはならず、時効援用はできません。

そのため、5年経過しているかどうかだけでなく、時効の中断(更新)が起こっているかどうかも確認する必要があるのです。

時効の中断(更新)とは、一定の行為が原因で時効状態がいったんリセットされ、時効期間のカウントがゼロからやり直しになってしまうこと。

時効の中断(更新)となる行為には、以下のようなものがあります。

1円でも借金を返済する
返済を待ってもらうように頼む(口頭・書面いずれも)
借金について話し合うことを書面で約束する(2020年4月以降に該当)
支払督促を起こされる
裁判を起こされる
調停を起こされる

過去5年間に一つでも当てはまるものがあったら、時効は中断(更新)・リセットされており、時効成立になっていない可能性が出てきます。

逆に

5年の時効期間が経過している
上記に当てはまるものがなく、時効の中断(更新)が起こっていない

という2つの条件をクリアしているなら、時効は成立してるはず。

そうなればプロミスに時効援用をすることで返済義務をなくすことができ、合法的に踏み倒しができます。

当然ですが、時効援用の手続きが終わるまでの間も、時効の中断(更新)が起こらないように

自分からプロミスに電話や書面で連絡する
プロミスからの電話に出て対応する

などの行為はやめましょう。

時効成立状態を守るために、プロミスとのやりとりは避けましょう。

いますぐ時効援用をしよう

時効成立の可能性があるのなら、プロミスに裁判を起こされないうちに、一刻も早く時効援用を行いましょう。

時効援用の手続きに必要な作業は具体的には、

時効援用通知書という書類を作成する
書類を内容証明郵便でプロミスに送る

の2つとなります。

手順が2つだけだと簡単そうに思えますが、実際の時効援用の手続きはかなり難しいです。

時効援用通知書をミスなく作成する
内容証明郵便の効力があるように文書を作成する
正しい方法で内容証明郵便を使ってプロミスに書類を送る

といった、知識や経験がない素人がやるにはかなり大変な作業となります。

時効援用援用通知書の作り方や内容証明郵便の送り方を知らなければ、いちから調べなければいけませんから、手続きが終わるまでにかなり時間も手間もかかります。

しかもほんの少しのミスがあるだけでも時効援用の効果はなくなってしまい、時効援用に失敗してしまいます。

そうなると逆にプロミスから強く督促されたり、裁判を起こされるというリスクも考えられます。

時効援用の失敗リスクを最小限にするためにも、時効援用をするなら行政書士などの専門家に依頼するのがベストです。

時効援用に強い専門家であれば手続きもスムーズにしてもらえますし、時効援用の成功率も限りなく高くなります。

時効が成立しているかどうが自分でわからない状態でも、話を聞きながらチェックしてもらえますから、迷っているぐらいならまずは相談してみましょう。

プロミスがいつ本格的に借金を回収しにくるかはわかりません。

手遅れにならないうちに、いますぐ専門家の無料相談を利用して、時効援用できるかチェックしてもらいましょう。

時効援用後は信用情報はどうなるの?

プロミスの借金を時効援用で踏み倒す予定の人が気になるのが、

「時効援用後の信用情報はどうなるの?」

ということだと思います。

ほとんどの場合、時効援用後は「借金を完済した」という扱いになり、信用情報に登録された滞納などのブラック情報も完済したと同じように消してもらえます。

ですが、時効援用後は絶対に信用情報がきれいになるかと言われると、まれにブラック情報が削除されない場合もあります。

なぜなら債権者(お金を貸した側)が信用情報機関に時効援用をされた事を連絡する際、ブラック情報を消すように信用情報機関に依頼することは義務づけられていないから。

つまり、時効援用後に信用情報のブラック情報を削除するかどうかは、時効援用をする相手(業者)によって異なるという訳。

ですから、債権者によっては時効援用後にブラック情報が削除されずに残ってしまう可能性もあるのです。

プロミスの時効援用後の信用情報はどうなる?

ここからようやく本題に入りますが、気になるプロミスの時効援用後の信用情報はどうなるのでしょうか。

結論を先に書いてしまうと、

信用情報は一部きれいになります。

プロミスの場合は、残念ながら「全てきれいになる」とは断言できません。

それはなぜかと言うと、日本には

日本信用情報機構(JICC)
シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)

の3つの信用情報機関があります。

このうち、プロミスが加盟しているのは「日本信用情報機構(JICC)」と「シー・アイ・シー(CIC)」の2つです。

プロミスに時効援用をした場合、JICCの方ではブラック情報を削除してくれます(1ヶ月ほど時間がかかります)。

ですが、CICの方ではしばらくの間ブラック情報が残る可能性が高くなります。

これはプロミスとCICの間の契約が絡んでいるようで、時効援用後から5年間はブラック情報が残ってしまうと言われています。

また、先ほど挙げた3つの信用情報機関のあいだでは、情報が共有されています。

ですから、プロミスが加盟しているJICCとCICだけでなく、残りの「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」にもブラック情報は共有されます。

そして、時効援用後にプロミスは自社が加盟しているJICCとCICにしか連絡しませんから、KSCのブラック情報も数年間はそのままになってしまう可能性があるのです。

このような理由から、時効援用後に確実にブラック情報が消えると言えるのは、現時点ではJICCのみです。

なので時効援用後にCICとKSCに加盟している業者から借金をしようとしても、審査に通りにくくなる事がと考えられます。

CICに加盟しているのはクレジットカードや信販会社、KSCに加盟しているのは銀行です。

ですからクレジットカードの利用や銀行からの借入を考えている人は、時効援用の専門家にあらかじめその点についても相談しておくと安心です。

ちなみにプロミスは時効援用後に、借金がなくなった事を証明する書類を送ってきてくれるので、それで時効援用の成功を確認することができます。

こうしている間にも、プロミスが裁判で借金を回収する準備をしているかもしれません。

時効が成立している可能性があるなら、一刻も早く時効援用の専門家に相談しましょう。

※まずは専門家の無料相談で借金を無くせるかチェック!

→時効援用の専門家「行政書士パートナーズ」の無料相談はこちら

※おすすめ関連記事

≫時効援用のおすすめランキング!依頼するなら実績のある専門家に!

≫【時効援用】行政書士パートナーズ大阪法務事務所の評判・口コミを調査!