消滅時効・時効援用の悩み・疑問

クレジットカード・カードローンは時効援用できる?わかりやすく解説。【クレカの消滅時効】

こんにちは。
借金完済主婦、たかちです。

多くの人が時効援用でなくしたいと考えているのが、クレジットカードやカードローンの借金。

気軽に借りられてしまうために、気づいたら借りていた額が大きくなりすぎていて、返済できないぐらいになっていた…というのはよくある話です。

結論から書くと、クレジットカードやカードローンの借金は時効援用でなくすことが可能です。

ただし、時効援用の手続きは簡単そうに見えて難しいですから、時効援用をするなら行政書士などの専門家に任せることをおすすめします。

今回は、クレジットカード・カードローンの借金の時効援用について、わかりやすく解説していきたいと思います。

※5年間返済していないなら時効かも?まずは無料相談で借金を無くせるかチェック!

→時効援用に強い「行政書士パートナーズ」の無料相談はこちら

クレジットカード・カードローンの借金の種類をわかりやすく解説してみる。

クレジットカード(クレカ)の借金と一口に言っても、実は色々な種類があります。

よく耳にするあたりだと

  • クレジットカードのショッピング枠
  • クレジットカードのキャッシング
  • カードローン

あたりですね。

この3つは似ていますが違います。

クレジットカード会社が用意しているカードは大きく分けると2種類あり、

  • クレジットカード → 買い物もキャッシング(お金を借りる)のもできるカード
  • カードローン用カード → お金を借りる専用のカード

となっています。

つまり、それぞれは

  • クレジットカードのショッピング枠 → 買い物をする時にカードを使って支払う
  • クレジットカードでのキャッシング → クレジットカードを使って現金を借りる
  • カードローン → カードローン用カードを使ってお金を借りる

という事になります。

クレカでのキャッシングとカードローンはほぼ同じに思えますが、カードローンはお金を借りる専用のものなので、カードローンの方が審査がやや厳しいです。

ですがその分、カードローンで借りるほうが金利が少し低いという違いがあります。

※クレジットカード会社によって定義は異なるため、一部違う場合もあります

クレジットカード・カードローンの借金は時効援用できる

冒頭で説明しましたが、クレジットカード(クレカ)とカードローンの借金は時効援用でなくすことができます。

どちらの場合も、消滅時効の期間は5年。

そして時効の起算日は、返済期日の翌日となります。

クレジットカードやカードローンの時効で勘違いしている人が多いのが、カードを使った日から5年で時効になる、という事。

実際はカードを使った日ではなく、返済予定日の翌日から数えて5年ですから、間違えないように注意が必要です。

時効援用した後は、クレジットカードやカードローンは使えない?

「クレジットカードやカードローンの時効援用をしたら、クレカやカードローンは使えなくなるんじゃない?」と心配する人が多いようです。

これは他の借金整理法である任意整理・自己破産・個人再生などを行なった場合に、クレカやカードローンが使えなくなるから。

任意整理や自己破産などをすると、借金の記録を残している信用情報機関に「借金が回収できなかった」という記録が残ります。

お金を貸す業者は貸す前にはこの情報をチェックするので、「コイツに貸すのはやめておこう」と判断し、クレジットカードやカードローンは使えなくなるという訳です。

ですが、時効援用をした後は借金の記録である信用情報には「借金は完済された」という風に書かれる事が多いため、返済能力があると見なされてクレジットカードやカードローンの利用を再開できる可能性が高くなります。

ただし、信用情報機関に借金の記録を提供しているのは各クレジットカード会社で、記録の仕方は会社によって異なります。

なので時効援用後に全てのクレカやカードローンが使えるとは言い切れませんが、自己破産や任意整理よりは使える確率がかなり高くなります。

クレジットカード・カードローンの時効援用のやり方

クレジットカード・カードローンの時効援用のやり方は、他の一般的な時効援用のやり方と同じです。

  1. 時効が成立しているか確認
  2. 時効援用通知書を作成
  3. 内容証明郵便で発送

この3つの手順で完了します。

こう書くと非常に簡単なように思えますが、

  • 時効が確実に成立しているか確認する
  • 時効援用通知書をミス無く作成する
  • 内容証明郵便の効力があるように発送する

といった点を完璧にこなさないと時効援用は成功できません。

1つでもミスがあると時効援用に失敗してしまい、逆に相手に追い詰められて借金の返済を迫られることになりかねません。

なので確実に時効援用を成功させたいなら、行政書士などの専門家に任せるのが一番。

時効が成立しているかというところから判断してくれますから、まずは無料相談を利用して時効援用できるかチェックしてもらいましょう。

※すべて任せられる時効援用の専門家を厳選!まずは無料相談で借金を無くせるかチェック!

≫【無料相談あり】時効援用のおすすめランキング!依頼するなら実績のある専門家に!

※おすすめ関連記事

≫【時効援用】行政書士パートナーズ大阪法務事務所の評判・口コミを調査!