自己破産の悩み・疑問

自己破産したら連帯保証人はどうなる?わかりやすく解説してみる。【債務整理】

こんにちは。
借金完済主婦、たかちです。

「借金の連帯保証人になってしまった」というフレーズを耳にすることは多いですが、実際に連帯保証人になるとどうなるのかという事をきちんと理解している人は多くありません。

どうなるかの結論を先にわかりやすく書いてしまうと、

連帯保証人は債務者(お金を借りた本人)が借金を返済できなくなった場合、その借金を肩代わりすることになります。

ですから、

  • 借金の返済ができず自己破産する
  • 保証人・連帯保証人になるかもしない
  • 保証人・連帯保証人になっている

という人は連帯保証人への影響と責任についてきちんと知っておくべき。

という訳で今回は、自己破産したら借金の連帯保証人はどうなるのか、という点をわかりやすく解説していきたいと思います。

借金の連帯保証人とはどんな立場?【自己破産&債務整理】

まず連帯保証人とは何かをわかりやすく説明すると、

借りた本人が借金を返済できない場合に、代わりに返済する責任を負う役割

という事。

業者はお金を貸す際、その本人が返済してくれない場合の事を考え、そうなっても借金を回収できるように連帯保証人を用意するよう求める場合があるんです。

連帯保証人になると、借金をした本人がが全ての借金を返済し終わるまでその責任はなくなりません。

借金の保証人は2種類ある

冒頭でもお伝えしたように、「借金の保証人になってしまった」というフレーズを聞くことがありますが、これは多くの場合「保証人」ではなく「連帯保証人」という意味で言われています。

実は借金の保証人には

  • 保証人
  • 連帯保証人

の2種類があります。

ざっくりとわかりやすく説明すると、保証人よりも連帯保証人の方が責任が重いです。

お金を貸す側としては連帯保証人にしておいた方が借金の回収がしやすくなるため、ほとんどの場合保証人ではなく連帯保証人を用意するように求めてきます。

なのでここからは連帯保証人について解説していきます。

自己破産したら連帯保証人はどうなる?【債務整理】

一番気になるのは、自己破産したら連帯保証人はどうなるかという事。

連帯保証人は主債務者(借金をした張本人)にかわり、

を支払う義務があります。

これは基本的に無条件で支払わざるを得ないので、「名前を貸しただけ」という理由でも逃れることはできません。

自己破産されたら連帯保証人はどうすべきか【債務整理】

上で書いた通り、主債務者に自己破産されてしまった場合、連帯保証人は主債務者の借金を代わりに返済しなければいけません。

しかも、基本的には「一括」での返済を求められます。

ただ、交渉次第では分割での返済も認めてもらえる場合があります。

もし連帯保証人も借金を返済することができない場合、連帯保証人も自己破産などの債務整理を行なう必要があります。

連帯保証人に迷惑をかけない方法【債務整理】

借金の返済が苦しいと自己破産を検討することになりますが、連帯保証人がいる借金をしている場合、確実に連帯保証人に迷惑がかかります。

「借金をどうにかしたいけど、連帯保証人には迷惑をかけたくない」と考えるなら、まず任意整理という借金整理法を検討してみましょう。

任意整理は借金を減らす方法で、減らす借金とそのままにする借金を選べるので、連帯保証人がいる借金には手をつけないで借金を整理することができます。

連帯保証人がいない借金を減額してもらい借金の総額が減ることで返済できる可能性があるなら、任意整理にすることで連帯保証人に迷惑をかけずに済みます。

 

ただし、連帯保証人がいる借金一つだけという場合にはこの方法は使えません。

複数の業者からの借金があり、その中に連帯保証人がいる借金が含まれるという場合に検討の余地が出てきます。

連帯保証人に迷惑をかけたくないと思うなら、まずは弁護士に相談してアドバイスをもらうのがベストです。

【まとめ】連帯保証人はつくらない、ならないのが一番

いかがだったでしょうか。

ここまでを読んでわかったと思いますが、連帯保証人は借金をした張本人とほぼ同じ、重い責任を負う立場です。

多くの人は「連帯保証人に迷惑をかけないように」と考えて借金をしますが、本当に迷惑をかけたくないのなら連帯保証人をたてるべきではありません。

また「友達に強く頼まれて連帯保証人になった」という人も多くいますが、人間は弱いですから、いつどこでどうなるかはわかりません。

「彼は大丈夫だろう」と信頼していても、結局自己破産されて迷惑をかけられた、という話は山のようにあります。

 

ですから連帯保証人になるのであれば(名前だけを貸す場合でも!)、「万が一の時はその借金を肩代わりしてもいい」という覚悟を持つべき。

「借金を代わりに返済するなんて迷惑」と思うぐらいなら連帯保証人にならないのが一番です。

もし連帯保証人になっていて借金をした本人に自己破産をされてしまったなら、代わりに返済をするか自己破産などの債務整理をしなければいけません。

自己破産をする場合は専門家の助けがなければ難しいですから、すぐにでも弁護士事務所の無料相談を利用することをおすすめします。

※おすすめ関連記事

≫【女性専用】借金整理のおすすめ相談窓口4選!