自己破産の悩み・疑問

自己破産したらクレジットカードやローンはどうなる?わかりやすく解説。【債務整理】

こんにちは。
借金完済主婦、たかちです。

自己破産を検討する上で気になるのが「クレジットカードやローンはどうなるのか?」という事。

先にわかりやすく結論から書いてしまうと、

  • 返済中のクレジットカード・ローンの借金は全て免除になり契約破棄となるため、使い続けられなくなる
  • 破産後はクレジットカードもローンも利用できないが、信用情報機関の登録機関が終わればまた利用できる

という事になっています。

この説明だけだとざっくりしすぎて具体的なことがわからないと思うので、今回は自己破産したらクレジットカード(クレカ)やローンがどうなるかについて、さらにわかりやすく解説していきたいと思います。

自己破産したら今あるクレジットカードとローンは使い続けられる?【債務整理】

冒頭でもお伝えしましたが、自己破産したら返済中のクレジットカードやローンの借金は全て免責(免除)となります。

そうなると債権者(お金を貸した側)は借金を回収できなくなり、債権者に損害を与えることになります。

そのため、今あるクレジットカードやローンの契約は途中で破棄され、利用を続けることはできなくなります。

もし利用を続けたいクレジットカードやローンがあるなら、自己破産ではなく任意整理など、他の債務整理(借金整理)法を選ばなければいけません。

自己破産したら新規のクレジットカード・ローンは利用できる?【債務整理】

自己破産したら、

新規のクレジットカード・ローンも利用できない

です。

なぜなら、信用情報機関に自己破産者として登録されてしまうから。

俗に言う「ブラックリストに載る」という状態ですね。

 

信用情報機関とは、借金をした人がスムーズに返済できない場合にその事実を記録しておく組織のこと。

お金を貸す業者は全てこの信用情報機関と契約していて、情報を閲覧したりトラブルがあった際に情報を提供したりしています。

自己破産をすると信用情報機関に登録されるので、新しく借金をしようと申し込んでも、貸す側は信用情報機関の情報を見て返済能力がないと判断されます。

だから自己破産した後はクレジットカードやローンの利用ができなくなるんです。

 

ただ、自己破産の信用情報機関への登録は5~7年の間と言われています。

登録期間が終われば自己破産したという記録も消されるので、再びクレジットカードやローンを使えるようになります。

自己破産後にローンを組む方法【債務整理】

すでにお伝えした通り、自己破産後に信用情報機関に登録がされている間は、新規にローンを組むことはまずできません。

ですが、信用情報機関の登録が消された後であれば、ローンを組める可能性は出てきます。

 

ただ、確実にローンを組めるとは断言できません。

なぜなら、信用情報機関には「クレジットヒストリー(クレヒス)」と言って、その人がクレジットカードやローンを利用した履歴も残されているから。

お金を貸す側はこのクレジットヒストリーも見て、「この人は毎月ちゃんと返済できているな」と返済能力があるかどうかを判断しています。

ただ、自己破産したらクレカやローンは数年間使えませんから、その間のクレジットヒストリーは空白となり、それが逆に不自然に思われ「自己破産したからクレヒスがないのでは?」と勘付かれてしまうんです。

 

その状態のままではやはり返済能力が疑われてしまうため、ローンの審査が通りにくくなります。

なので自己破産してから7年後ぐらいにまずクレジットカードを作ってしばらく利用し、クレジットヒストリーを作ってからローンを申し込むと審査に通る可能性が高くなります。

 

また、

  • 自己破産で免責した銀行(業者)には申し込まない
  • 連続で複数の業者に申し込まない
  • 頭金を多く用意する

などの点に気をつけるのもローン審査を通すのに効果的です。

自己破産後にクレジットカードを作りたい場合【債務整理】

前半でお伝えした通り、自己破産したら今持っているクレジットカードも使えなくなりますし、5~7年はクレジットカードを新しく作ることができません。

自己破産後にクレジットカードを作りたいなら、代わりにクレジットカード機能付きのデビットカードを作るのがおすすめ。

デビットカードは支払いの都度口座から引き落とすシステムで借金にならないため、自己破産後も発行することができます。

 

しかも、最近よく見かけるクレジットカード機能付きのデビットカードなら、ほぼクレジットカードと同じに使えるため、クレジットカードに対応している店舗ならどこででも使えるんです。

このデビットカードを使えば自己破産後にカードを使う場面で不便を感じることはまずないので、クレジットカードの代わりに持っておきましょう。

※おすすめ関連記事

≫【女性専用】借金整理のおすすめ相談窓口4選!