消滅時効・時効援用の悩み・疑問

アコムは時効援用で踏み倒し可能?時効援用後の信用情報などについても解説。【消滅時効】

こんにちは。
借金完済主婦、たかちです。

アコムからの借金を放置して未払いが続くと、請求書とは違う、通知書などの督促の手紙が届くようになります。

そうなるとさすがに放置できず、そこで始めてなんとかしようと考える人が多いようです。

先にお伝えしてしまうと借金にも時効があり、時効をむかえていれば「時効援用」の手続きをすることができます。

この時効援用は「もう時効なので返済しませんよ」と相手に正式に宣言する手続きで、これを行うことで合法的に踏み倒しができるのです。

アコムに対しても時効援用は可能ですから、踏み倒したいのなら手続きをすすめていきましょう。

今回はアコムに対しての時効援用のやり方、そして時効援用後に信用情報などがどうなるかについて解説していきたいと思います。

※5年間返済していないなら時効かも?まずは無料相談で借金を無くせるかチェック!

→時効援用に強い「行政書士パートナーズ」の無料相談はこちら

※この記事は2020年4月1日より施行される改正後の民法にもとづいて作成しています。

アコムからの借金は時効援用で踏み倒しが可能

冒頭でもお伝えしましたが、アコムの借金は踏み倒しが可能です。

しかも合法的に踏み倒しができて返済義務もなくせるため、返済しなくても捕まることはないし、督促や取立ても止まります。

その合法的なアコムの踏み倒し法とは、「時効援用」というものです。

時効援用とはアコムに対して、「時効になっているのでもう返済しませんよ」と正式に宣言するための手続きです。

借金が時効をむかえていたとしても自動的に返済義務がなくなる訳ではありません。

時効援用をしてはじめて返済義務をなくすことができるので、踏み倒しをしたいなら時効援用まできちんとすべきなのです。

時効援用をどうやってすすめていくかは、この後に解説していきます。

アコムの借金を時効援用で踏み倒しする方法

ここからは、アコムの借金をどう踏み倒しすればいいか、具体的な進め方を解説していきます。

時効援用は時効が成立していなければできませんから、まずは時効が成立しているか確認しましょう。

アコムの借金の時効期間は5年です。

一番最近アコムから届いた手紙やハガキなどを手元に用意し、その中にある

返済期日

という項目をチェックします。

この「返済期日」は時効期間をカウントする基準になる日付です。

返済期日の日付から5年が経過していれば時効期間は経過しているので、時効が成立している可能性が高くなります。

書面が確認できない場合は、記憶を頼りに思い出してみましょう。

時効期間のカウントを始めるのは

最終返済日の翌日
または
返済予定日の翌日

となります。

この日から5年以上経過しているなら、時効期間は経過していると言えます。

また、

アコムのATMで発行できる「ATMご利用明細書」
アコムのサイト

などで最終返済期日を確認することができるので、是非活用してください。

※電話して確認するのはやめましょう。
理由はこの後解説します。

時効の中断(更新)になっていないかチェックする

5年の時効期間が経過していても、時効が途中でリセットされている可能性もあります。

なのでもう一つ、時効の中断(更新)がになっていないかのチェックも必要です。

時効の中断(更新)とは、それが起こることで時効状態が無効になりリセットされ、時効期間のカウントがゼロからやり直しになってしまう行為のこと。

時効の中断(更新)となる行為には、このようなものがあります。

1円でも返済する
支払いを待ってもらうように頼む(口頭・書面両方)
借金について話し合うことを書面で約束する(2020年4月以降は該当)
支払督促をされる
裁判を起こされる
調停を起こされる

過去5年間のあいだにどれか一つでも当てはまるものがあったとしたら、時効はいったん中断(更新)・リセットされていて、時効になっていない可能性が出てきます。

逆に

5年の時効期間が経過している
上記に当てはまるものがなく、時効の中断(更新)が起こっていない

という2つの条件を満たしているなら、時効が成立している可能性が非常に高いです。

この状態ならアコムに時効援用をして返済義務をなくし、踏み倒しが可能です。

もちろん、時効援用の手続きが完了するまでの間も、時効の中断(更新)にならないよう

自分からアコムに連絡する
アコムからの電話に出て対応する

などの行為はやめましょう。

ひたすらアコムとのやりとりを避け続けてください。

一刻も早く時効援用をしよう

時効が成立している可能性があるなら、アコムに行動を起こされないうちに一刻も早く時効援用の手続きをしましょう。

時効援用で実際にやることはシンプルで、時効援用通知書という書類を作り、内容証明郵便でアコムに送るだけ。

ですが簡単そうに思えても時効援用の手続きはかなり難しく、

時効援用通知書を正しく作成する
内容証明郵便の効力があるように文書を作成する
内容証明郵便で正しくアコムに郵送する

など、知識・経験がない人がやろうとすると、時間も手間もストレスもかかるような内容になっているんです。

しかも少しのミスがあるだけで時効援用の効果はなくなって失敗してしまい、逆にアコムに返済を迫られるというリスクもあります。

失敗するリスクを最小限におさえるためにも、私は行政書士などの専門家に依頼することを強くおすすめしています。

時効援用の実績がある専門家なら、スピーディに手続きを終えられますし、成功率も最大限まで高くなります。

「時効が成立しているかどうかわからない」という場合でも、一緒にチェックしてもらえますから、迷っていてもまずは相談してみましょう。

こうしている間にもアコムが裁判の準備をすすめているかもしれません。

いますぐに専門家の無料相談を利用して、時効援用できるかチェックしてもらいましょう。

時効援用後に信用情報はどうなる?

アコムの借金を時効援用で踏み倒そうと考えている人にとって気になるのは、

「時効援用後の信用情報はどうなるの?」

ということですよね。

多くの場合、時効援用後は「借金を完済した」という扱いになり、信用情報に登録された滞納情報も完済したのと同じように削除されます。

ですが、時効援用後に100%削除されるかと言われると、残念ながら削除されないケースもあります。

債権者(お金を貸した側)が、時効援用後にどんな風に信用情報機関の情報を処理するかによって、信用情報の内容が変わってくるからです。

債権者は信用情報機関に時効援用をされた事を連絡する際、完済扱いにして滞納情報を削除するように依頼することは義務づけられていないのです。

ですから、時効援用後に滞納情報がそのまま残ってしまう可能性もあるんです。

アコムの時効援用後の信用情報はどうなるのか

では、アコムの時効援用後の信用情報はどうなるのでしょうか。

結論から書いてしまうと、

信用情報はほぼきれいになります。

残念ながら「全てきれいになる」とは断言できず、それには理由があります。

日本には、

日本信用情報機構(JICC)
シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)

の3つの信用情報機関があります。

このうち、アコムが加盟しているのは「日本信用情報機構(JICC)」と「シー・アイ・シー(CIC)」の2つです。

アコムで時効援用をすると、この2つの機関に登録されている滞納情報を削除してくれます(1ヶ月ほど時間がかかります)。

なので、アコムでの時効援用後はJICCとCICの信用情報はブラック状態ではなくなります。

ですが、先ほどご紹介した3つの信用情報機関のあいだでは、情報が共有されています。

ですから、アコムが加盟しているJICCとCICの滞納情報が削除されても、あと1つの「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」にある滞納情報はそのままになってしまう可能性があるんです。

そうなった場合、時効援用後に全国銀行個人信用情報センター(KSC)に加盟している業者から借金をしたくても、審査が通らなくなるという事もあり得ます。

KSCに加盟しているのは銀行なので、銀行から借金をしたい、銀行でローンを組みたい、と考えている人は、時効援用の専門家にあらかじめその点についても相談しておくといいですね。

ちなみに、JICCとCICにのみ加盟している業者で借入やローン、クレジットカードの利用をする場合、滞納情報はきれいになっていますから、時効援用が原因で審査に通りにくくなるということはないはずです。

借金を放置している以上、アコムがいつ裁判を起こしてくるかわかりません。

時効が成立している可能性があるなら、一刻も早く時効援用の専門家に相談しましょう。

※まずは専門家の無料相談で借金を無くせるかチェック!

≫時効援用のおすすめランキング!依頼するなら実績のある専門家に!

※おすすめ関連記事

≫【時効援用】行政書士パートナーズ大阪法務事務所の評判・口コミを調査!